割り切った生き方をする主婦との出会い

割り切った生き方をする主婦との出会い

家庭の平和はセックスにあり。

ただ単にの淫乱な人妻もいれば、必要としてセックスをする人妻もいる。

この二人の大きな違いは、目的にある。

前者は性的快感、後者は家庭の平和維持だ。

まさに女としての欲望か、母としての義務か、という違いだ。

皮肉なことにどちらもセックスという共通点を持っている。

とはいえ、明らかに正しい目的を持った女性のセックスは、ただ淫乱な人妻と比べて、はっきりと異なる。

凛とした意志を持つ人妻は不倫セックスだったとしても輝いて見えるのだ。

仮面を被った主婦の夜の顔

主婦というのは実にやりくり上手だ。

まさに家庭という株式会社を柔軟に運営する経理そのもの。

だからこそ感じるストレスも半端なものではない。

そこにさらにセックスレスなんていうのが重なってしまえば。

行き場のないストレスにだんだん押しつぶされるか、それとも密かにどこかで解消するか。

割り切った考え方ができる主婦だからこそ家庭を守れるし、自分のストレスも客観的にみてなんとかできる。

こんな強さを持っているからこそこの国では基本的に親権を母親に渡すことをしているのだろう。

そんな考えになるに至ったのは華の会という人妻掲示板を知ったからだ。

「割り切った関係で。詮索無しで。」

割り切りの募集といえば若い娘が売りに徹するカタチのグレーな売春が普通だと思っていた。

金額などが全く書かれていないため、どんな条件なのかちょっと興味をもったのが始まりだった。

「秘密の関係をお願いします。」

こういった募集は冷やかしや業者などの場合もあるが、華の会という、登録に制限のある人妻掲示板だったので、少なくとも業者はないだろうと思い、返信してみた。

人妻トーキング

完全な割り切り、お互いの素性は詮索しないでお願いします。

問題ありません。今夜空いていますか?

人妻トーキング

はい、是非お願いします。

わかりました、では待ち合わせなどは…

人妻トーキング

〇〇に20時ころ現地集合でお願いします。

わかりました。では20時に。

人妻トーキング

はい。

やり取りはとてもスムーズだが、全く絵文字などもない内容に、とても冷たい印象を覚えてしまった。

そしてラブホテル現地集合ということで、どうにも身持ちが堅い印象を受けてしまった。

こんなパターンは今までなかったために、少々とまどった。

5分前に到着後、20時になるも、彼女は現れない。

スマホを見るとメッセージが来ていた。

「〇〇号室です。」

ラブホ自体は一人で入室できるところもあるとは聞いていたので、先に入っていたのかとちょっと拍子抜けした。

とりあえず指定された部屋に向かう。

扉を開くとベッドに座る女性の姿が。

「〇〇さんですか?」

実際に約束した相手と会うのは初めてで、反応が遅れてしまった。

「先に入っててゴメンナサイねw」

「いえいえ、こういう待ち合わせは初めてでw」

「あー、この方法よく業者に間違われてしまいますw」

メッセージ文面の冷たさからは予想できなかったくらいに明るい対応をしてくれる女性がいた。

見た目は非常に若く見えた。

華の会で性処理を行う主婦の姿

華の会で性処理を行う主婦の姿

完全に性欲解消の関係。

普段はラブホまでの流れで相手との距離感や打ち解けるだけの会話なんかをするのが定番だったため、いきなり部屋で会うとなると、なかなかにセックスに至る流れがつかめない。

ちょっと戸惑いつつ「先にシャワー浴びちゃってください」とかなんとかで場をつなごうとしていたところ。

「後で一緒に入りましょうw」

「こちらにどうぞw」

ベッドに一緒に座るように促され、取り合えず指示のままに座ると、彼女はすでにシャワー済みなのか、シャンプーの香りがふわっとした。

「今日はありがとうございます。事情は後で。今は楽しみましょ」

そう言って、優しいハグから彼女ははじめた。

その後は彼女のリードのもとで、ヤラれるがままの状態になってしまった。

「きもちいいですか?」

「はい…」

「あ、業者じゃないのでそこは安心して下さいw」

「割り切りなので一応準備はしましたが…」

「今をお互いに楽しめればそれで十分なんです。」

「じゃあ俺もちゃんとしますね…」

優しいフェラチオに、緩急のある手コキで、かなり直前まで到達してしまっていたが、そんな会話で攻守交代、相手にも同じようにソフトタッチやちょっと焦らしを含めたセックスサービスをしてあげた。

彼女は特にGスポットでの感度が良く、さすがセックス慣れした人妻という感じがした。

それと、今までの人妻にはないくらいに愛液がよく出て、指の出し入れでかなりいやらしい音がするくらいの量になっていた。

「ありがとう、そろそろ…」

そう言って人妻はまたがってスルリとムスコを股で飲み込む。

どうにも業者じゃないとは思えないくらいのセックステクで、騎乗位での攻めに耐えられず、1回戦で人妻にポイントを取られてしまった。

家庭の平和を維持するための努力

家庭の平和を維持するための努力

幸せ維持のための不倫。

イッてしまったことをわびて、シャワーでひと休憩することを提案すると、予想していたかのように即答された。

シャワーに入ると、彼女が色々と話してくれた。

「うちは子供いるんですよ~」

「そうなんですか?全然そうは見えませんでした。」

「ありがとうwでも子供がいると…やっぱりね。そうじゃなくてもキッカケ失うと止まっちゃうものなんですよ」

「ああ、妊娠出産を期にレスになったんですね。」

「そうなんです。でもやっぱり主婦ってストレス溜まっちゃうので…」

「なるほどそうだったんですね。」

そんな話をしながらお互いにソープでヌルヌルの身体を素手で洗い合って彼女の方もクリを攻めて2回目の前戯イキをさせてあげた。

その後はベッドで横になりつつお互いのカラダを弄り合う。

走行しているうちに、ムスコも復活して、今度はバックから2回戦をはじめた。

先程一度抜かれたからか、今度はバックでも正常位でもなかなか閾値に達せず、彼女を満足させることができた。

夫婦関係をよろしく営むには性欲の解消が必要

男性も、女性も、共同生活の中でストレスを感じている。

その中で双方が共同作業でストレスを解消する手段としてセックスが用意されているのだ。

もちろん子供もそういう夫婦関係を見ることで、どういう男女関係が良い家族を築くことになるのかを学ぶのだ。

お互いのストレスをお互いの協力で解消する、当たり前のことなのだが、日本ではなかなかその当たり前が推奨されていないように思える。

そのために、今回のように、外でストレスを解消して、家庭内の平和を維持するということになるのだ。

浮気や不倫と言えども、これは家庭維持のための努力で、単純に避難していいものではないと思った。

「完全割り切りなのでお互いに金銭のやり取りはなし」彼女はこう言って、先にホテルを後にした。

不倫セックスという倫理的によろしくないことをしているのに、なぜか彼女をかっこいいと思う自分がいた。

華の会にはこんな、今を必死に生きる女性の姿もあるんだな、と思ってしまった。

人妻の胸に抱かれて眠れ

華の会は30歳以上が対象。しかし20代でも登録できる。あとは分かるな?

華の会はお堅いお見合いサイトよりもフランクで、尻軽な出会い系サイトよりも真面目な人妻掲示板。当然若い男性が圧倒的人気になってくるため、若くしてリアル人妻を抱きたいのなら今最もイレグイ状態になれる人妻掲示板。

人妻体験談割り切り, 愛液, 華の会

Posted by admin