フリパ希望人妻の取扱説明書

不倫パートナー略してフリパ

人不倫パートナー略してフリパ

不倫パートナー=フリパ

このコンテンツでは不倫人妻の生体や魅力、間男の生体などを中心に取り扱っていく。

「不倫パートナー=フリパ」は、今の時代のセックスのあり方として確立されつつあるジャンル。

アダルトビデオ会社がこぞって不倫モノ、寝取られモノ、熟女モノを企画、撮影している背景には、このような大きな需要があるのだ。

知っているだろうか?「人妻 動画」の月間検索数は100万件にも上るのだ。

それだけ人妻との不倫セックス、フリパ関係というのを妄想している男性と、それを狙う人妻によるフリパ募集が蔓延しているのだ。

動画だけの自家発電で終わるのは確かにリスク皆無で平和だ。

しかし今のフリパ全盛期において、不倫セックスを実体験しないという選択肢を選ぶのは、愚かであるとしか言いようがない。

今をおいて他にはフリパセックスを楽しむのに最適な時代はないのである。

不倫パートナーの全盛期

人妻も幸せに生きるのが難しい時代になった。

そもそも、人生において結婚とはお互いの足りない部分を補うことが目的の契約というよりは愛のつながりであった。

ものに乏しい戦後では、生きることだけで精一杯で、精神的な支えとして家族愛や友愛などの愛情が最も重要視されていたのだ。

しかし、時代とともに物に溢れ豊かになり、生きるのに必死だった戦後に対して今の時代は大きな富を得たにもかかわらず、不倫という、悲しくも美しい事象が出てきたのだ。

日本では不倫は姦通罪として、男性有利な内容の刑法として存在し、極端な話、不倫の現行犯で殺害が許されるなど、忌み嫌われる行為であった。

現在でもこの姦通罪は結婚契約という法律的観点から、犯罪として定義している国もある。

現行の日本では不倫は不貞行為を含むことで民法での貞操義務違反とされ、悲しいかな慰謝料請求や、離婚事由が成り立つことになる。

つまり不倫がバレれば痛い目に合う。それでも後を絶たない不倫。

かの有名女優、宮崎あおいも不倫の末、ジャニーズ岡田を手に入れたという伝説もあり、不倫には背徳的で、強い魅力があることを地上波で示したのだ。

不倫パートナー探しが物理的幸福な時代にもかかわらず増えているのは、この代えがたい魅力に憑かれる者が多いことを明確に表している。

セカパにフリパ、やりたい放題

今の時代、かつての日本の、男尊女卑が生み出した、男性は金を稼ぎ、女性は家を守るという根拠の薄い悪習が皮肉にも不倫を助長させている。

夫が外で稼いでいる間は人妻は家で暇なのだ。

子供がいなければなおさら。

そして、ものにあふれる豊かな時代ならではの、

視聴率を稼ぐためだけのドロドロ昼ドラや、秘密を暴露して優越感に浸りたい不倫常習者などがブログで不倫自慢をするなど、

不倫の誘惑を激しく助長するコンテンツには事欠かない。

家で暇な人妻が、女の部分を大いに刺激され、恋愛脳で股緩不倫人妻に変貌するには全くもって障壁がないのである。

建前が大事な人妻は、日々のストレスを理由に、始めはセカパと呼ばれるプラトニック恋愛的な相手を探し始める。

セカンドパートナー。

これは人妻が建前として求めるには凄く便利のいいシステム、ワードで、本来は血縁のある親戚や義母、叔母、実母などが努め得る役割だった、相談役という枠が、異性に取って代わった不倫の前段階の権化だ。

恋愛脳な人妻は、このセカンドパートナー、略してセカパを手に入れたことで、やりたい放題を実現できるわけだ。

ネットの出会い系で探してきた下心有りまくりの相手に、家庭の愚痴を吐き出しまくる。

当たり前の話、下心有りまくりの相手は、事を成し遂げるために、相手が不機嫌になるような正論を言うことはなく、「うんうん、そうだね、貴方は悪くない」と、人妻をおだてあげる。

家庭の愚痴をいい、正当化してもらうことで、日々のストレスは解消されるというわけだ。

そしてこれも当たり前の話、セカパがセカパで終わることなど到底ありえない。

元がネットで知り合った、下心100%の相手なのだから、その後の愚痴を聞いてあげた精算を期待されるのは当然だ。

もとより人妻もそれを期待して選りすぐった相手を探しているわけだから、当然それは不倫パートナーとなっていくわけだ。

不倫パートナー、略してフリパは、このようにして人妻のやりたい放題の末に誕生する。

不倫好きな人妻は快楽に落ちていく

不倫好きな人妻は快楽に落ちていく

不倫パートナー、いわゆるフリパを一度でも味わった人妻は、背徳的な快楽や、昼ドラのヒロイン感などから、深い性欲へと堕ちていく。

夫には内緒で、隠れた恋愛、禁じられた関係、背徳的快楽、ドラマのヒロインのような波乱の人生は、人妻が激しく狂うのには十分すぎるし、他の人妻に対するマウンティングにも活きていく経験談にもなり、魅力的な材料のオンパレードだ。

一度でもフリパを手にし、この種の快楽に堕ちた人妻は、ある意味で一生そこからは抜け出せない。

もはや不倫は、激しい依存性を発揮する、怪しい、卑しい、そして気持ち良い疑似麻薬なのだ。

「不倫人妻掲示板」がネットで盛んに運営されているのは、このエロに溺れた悲しい依存症の人妻の受け皿を用意するだけの需要と市場があるというわけだ。

日本では不倫の快楽に墜ちた人妻がこれでもかと存在するというのは裏業界では周知というわけなのだ。

不倫が人妻にとって背景に変わっていく

人妻の快楽は、不倫という婚姻の契約を踏みにじることで成り立つ快楽から、じわじわと段々と、単なる性欲解消の快楽になっていく。

セックスをすることで不倫が成立するために、セックスに依って不倫の魅惑的味わいを覚えるようになっていく。

結婚しているのに別の異性と恋愛的な深い関係になる、という感覚から、旦那がいるのにセックス、という、どストレートな頭の中になっていく。

このどストレートさが、特に人妻間のマウンティングに置いては激しくアピールできるようで、頭の弱い人妻なんかは旦那をディスりつつ、フリパの存在や、モテる人妻は辛いよ感を出してママ友マウンティングを行い、そのママ友の妬みや正義感などが原因となってチクられ、破滅するようである。

連日2ちゃんねるなどで不倫相談などが頻繁に現れる理由は、ここにある。要するに、破滅の道を認識したアホな人妻が、匿名的に相談できる場所として2ちゃんねるを利用しているということだ。

話は逸れるが、この不倫の文化により、極度に頭の弱い人妻が現れ、伝説として語り継がれるケースも実際に有る(伝説の92を検索)。

漁夫の利で人妻を漁る

さて、当サイトにやってきた諸君はこの堕ちた人妻をつまみ食いしたいというのが本音だろう、当サイトではそんな不倫セックスに依存した人妻が多数在籍する不倫人妻掲示板とも言える優秀なセックス斡旋掲示板を紹介している。

特に流行が激しく、募集が多いものはランキング化もしている。

掲示板に登録してまず驚くのは、あまりにもどストレートな表現で不倫セックスを誘う、フリパ希望の人妻の募集の多さと内容の濃さだろう。

ぶっちゃけ、「人妻とセックスできるなんて昼ドラの話だけだろ?どうせイケメンに限るのがリアル」などと考えていたのではないだろうか?

人妻の不倫セックス依存、フリパ依存、セカパ依存は諸君の想像以上に深く、根深いのだ。

それだけ、旦那に不満を持ち、行き場のない鬱憤と、欲求と、エロスを求める人妻が日本には溢れかえっているということだ。

この人妻を漁夫の利よろしく、とっかえひっかえつまみ食いしていこうではないか、というのが当サイトの趣旨となる。

すでに人妻を味わったり、淫乱に堕ちた人妻による体験談などが寄せられている。

順次記事にしていこうとは考えているが、いかんせん数が多いために、手を拱いている状況なのだ。

人妻のつまみ食いは、日本の少子高齢化に伴う、必然的エロスの本流と言え得る。

人妻を食べるならワンナイト間男に徹する

人妻との不倫セックスで最もメリットを得られるのがワンナイト間男という手法。

人妻をセフレにすることで得られるスリルと興奮は、背徳感とスリルを極限にまで高めることができ、その分人妻も興奮してしまい、とめどなく汁があふれることだろう。

しかしながら、マンネリという言葉が示すとおり、そのスリルや背徳感も、慣れてくれば長くは続かない。

加えて、不倫自体にもなれてしまい、最悪は情が湧いてしまうことだ。

頭の弱いタイプの人妻であっても、離婚ということが現実味を帯びてくれば、間男にすり寄ってきたり、場合に寄っては自爆覚悟の脅迫を行ってくる場合もある。

元が倫理観の薄い人妻であるがために、なりふり構わず保身に走り始めた馬鹿な人妻は手がつけられない。

手当たり次第に暴れ、親に弁護士に警察にと、良くも悪くも迷惑を四方八方に撒き散らし尽くして行くのだ。

人妻との不倫セックスでのデメリットはまさにここだ。

情が湧いて頭のおかしくなった人妻が周囲を盛大に巻き込み、自分の恥とともに暴れ狂うのは、旦那にとっても、親族にとっても、間男にとっても、大恥でしか無く、面倒くさいことこの上ない。

人妻の身体を弄びたいのであれば、>ワンナイト間男であることを徹底するというのが、不倫人妻掲示板で上手く立ち回り、漁夫の利で人妻をつまむ唯一の美味しいとこ取りの方法だ。

ワンナイト間男のメリットは多すぎる

ワンナイト間男のメリットは多すぎる

若妻でも貪り放題

さて、人妻セフレ化についてのデメリットがどれだけ面倒くさいことになるのかはわかっただろう。

ワンナイト間男についてメリットを上げていく。

セックスする相手が人妻である以上、100%不倫関係という事になり、民法を破るという、法律遵守の意志のかけらもないセックスだ。

日本の法律をくぐり抜けるセックス、まずこれが不倫セックスの醍醐味だろう。

貞操義務をぶち破るというのはある意味、法律の処女膜を貫くとういことが出来るのだ。

日本の法律を相手にした壮大なセックス。

まるでイギリスのスパイにでもなったかのような気分だろう。

とは言え、最も大きなメリットは人妻というステータス自身にあることは言うまでもないと断言する。

人妻にハマる出会い系の勇者達は結構いる。というよりかなり多いと言っていいだろう。

なぜなら、それだけの魅力が人妻にあるからに他ならない。

人妻というにも、ピンからキリまで、加えて細かなジャンルも多数存在する。

それだけセックスにおけるメリットが多種多様に詰まったゾーンがまさに人妻なのだ。

人妻のジャンルについて軽く説明しておこう。

・人妻 Hitoduma
人妻ジャンルの大きな枠。

婚姻関係を結んだ夫のいる女性を指す。

人妻の”人”は、他人の妻(嫁)という意味での”人”だ。

日本においては結婚関係にある男女は民法にて貞操義務があることが定義されている。

そのため、不倫は違法行為であり、民法に乗っ取り、不貞行為を行った当事者全員に慰謝料請求を行うことが出来る。

日本ではこのスリルが不倫セックスの興奮をエスカレートさせるものとの認識がある。

・若妻 Wakaduma
わかつま・わかづま

若くして人妻になった女性。

肉体が若いゆえに、不倫セックスにおける背徳感に加え、締りのいい陰部や、針のある乳房、臀部などを楽しめる。

そのために一二を争うほど人気のジャンルだ。

性欲に関しても、昨今の男子草食化に伴い、性欲を持て余す女子が増え、それは若妻に至っても同じ傾向だ。

そのために、不倫人妻掲示板の募集においては募集に対して申込みが殺到するのが普通だ。

それだけの人気をほしいままできるのが若妻というステータスのため、積極的な募集が多いことも知らせておく。

・熟女 Jukujo
厳密には人妻というジャンル外にもあるのが熟女という枠。

人妻で言えば、概ね30代を過ぎたいわゆるアラサー辺りからが熟女の範疇になってくる。

ツワモノにとっては50代以降など、若さが全く感じられなくなった世代を指すと豪語するものも居る。

不倫人妻掲示板では、熟女ジャンルの募集もひっきりなしに出されている。

30代はやはり人気が高いが、50代ともなると需要の少なさや、インターネットに関する知識が浸透していないこともあり、なかなかにハードルが下がってくる。

熟女の最大の魅力はその母性にあると言われる。

授乳プレイや、赤ちゃんプレイなど、根本的な面で愛情不足に悩む男性の癒やしの募集とも言える。

・寝盗られ NTR
人妻ならではとは行かないが、このジャンルも人妻の有名な枠の一つ。

いわゆる夫がいながらにして、不倫セックスによって、人妻の心をう奪い去るといういわゆる岡田宮崎式の略奪愛ジャンルだ。

現実的に起こってはいるものの、「寝盗られ」というのは、よほど頭はお花畑な人妻で無い限り、ありえないと考えていい。

加えて、ワンナイト間男の方式には不利なジャンルであることも書いておく。

・幼妻 Osanaduma
人妻の中でも、若妻の一種、または言い換えとして存在する枠だ。

若妻が美人だったり、年齢だったりを指すジャンルであるのに対し、幼妻は顔にフォーカスしたジャンルだと言える。

つまりは、どストレートに顔が「ロリ=中学生程度の様相」に見えるということだ。

不倫セックスとはまた異なり、ロリータなエロスを感じるジャンルである。

不倫セックスという守備範囲からは若干独立したロリというジャンルを含むことに加え、人妻とセックスをするという背徳感と、未成年との淫行のように感じる背徳感が同時に楽しめるという特異な枠だ。

・未亡人 Miboujin
人妻の中でも、特殊な立ち位置に居るのがこの未亡人ジャンル。

人妻であれど、人妻ではない。

まさに倫理観のみに縛られた背徳性をもつジャンル。

夫を失った人妻であっても、性欲はあるが、積極的に恋愛やセックスを求める姿勢にはなりづらいというのが日本の良識となっている。

なので、不倫人妻掲示板の募集においても非常にレアリティの高い募集案件だ。

しかしながら、未亡人の年齢がある程度若ければ、違法性はないにしろ、故人に対する罪悪感から、背徳感の極みとも言える状態で感度が高いことが多い。

まさにエロスの極み。「あぁ、あなた、ゴメンナサイ」

人妻と言っても、これだけの多種多様なジャンルがあり、それぞれに魅力がある。

ワンナイト間男の強みは、これらの人妻を渡り歩くことが出来る点にあると言えよう。

加えて、セフレという縛りが薄いことから、人妻の不倫セックス募集案件の回転率は他の募集に比べ、凄まじく高い。

ワンナイト間男が流行っているのは、そういった、需要と供給のスピーディなメリットがあるためで、特に若い肉食系男子の間では、インスタントセックスとして人気だ。

人妻自体が持つ性的メリット

人妻自体が持つ性的メリット

不倫をバックグラウンドとして行われるセックスには常に背徳感の精神効用が強く聞いている。

その効用が人妻を大胆にしたり、しおらしくしたりと、セックスにおけるメリットは言うに事欠かない。

また、人妻自体にも多くの性的メリットがある。

人妻経験者には言うまでもないことだろうが、そのセックステクニックは、若い素人や、JKなどの、初々しいセックスとは異なり、レベルが段違いだ。

夫という男性と幾度となく長い夜を共にしてきた人妻は、相手の喜ぶテクニックを知っている可能性が高い。

素人女性を自分好みのセックステクを持たせるように育てることがセフレの醍醐味の一つとするならば、人妻は最初からそれらのスキルをすでに持っていると言えるわけだ。

インスタントセックスとはこの意味で使われることが多く、ただ単にすぐにヤれる以上に、強くてニューゲーム感のあるセックスを時間を賭けずに、すぐに出来るという意味においては、人妻ジャンルは他の追随を許すことのない、優れたメリットだ。

素人では期待できないようなプレイ、例えば手コキ、パイズリ、フェラ、潮吹き、大人のおもちゃプレイ、中出しなど、AVに洗脳された若い世代では当たり前であろうプレイも難なくこなせる可能性が高い。

さらに言えば、尿道刺激や、アナルプレイ、48手体位対応、SM、緊縛・拘束、スカトロ、コスプレ、母乳プレイなどなど、普通のセフレでは到達し得ないようなマニアックすぎるプレイまで相談できる可能性まであるのだ。

経験というものはセックスにおいて非常に高い潜在性を持つわけだ。

経験が裏付けられた人妻というジャンルには、金の卵が眠っていると考えて差し支えないだろう。

不倫人妻掲示板の注意事項

不倫人妻掲示板における注意事項は少ない。

と言うよりも、一つのことを気をつけるだけでほぼすべて回避出来るのだ。

人妻との不倫セックスはワンナイトで締めるのが鉄則であるということ。

これにさえ気を付ければ良いというのはどんな不倫人妻掲示板においても鉄則のお約束だ。

不倫人妻掲示板に募集を出すという時点で、基本は人妻の精神は不安定であることがほとんどだ。

そこにワンナイトの癒やしとして申し込むわけだから、当然お互いに一期一会の快楽であることを了解しているだろう。

しかしながら、肉体と精神は繋がっている。

肉体で濃厚に交われば、そこには必ず少なからず感情が芽生えてしまうのが男女関係というものだ。

もとが精神的に不安定である人妻という立ち位置の女性であるのならば、募集に乗った間男に芽生える感情と比較して大きい、と言うのは火を見るより明らかだろう。

そのため、人妻の、「セフレになってほしい」やら、「今度いつ会える?」やら、「電話番号教えてよ」、などには対応してはならない。

対応してもいいが、常に逃げられるようにしておくことが肝要だ。

電話番号は050ナンバー、メールアドレスは普段使わないフリーのもの、ラインも自分の情報に紐付けられないような工夫をすること。

そうすることで、ワンナイト間男という瞬間にしか存在しない人間となれるわけだ。

言うまでもなく、不倫人妻と不用意に密接な関係を築くと、慰謝料請求や、場合によっては自宅突撃、暴力沙汰にもなりかねない。

不倫人妻の募集の責任は人妻自身にとってもらう、これを徹底することが大事なのだ。

人妻を落とすテクニック

人妻を落とすテクニック

テクニックで魅せられた変態人妻

人妻と言えど、それなりに相手を選ぶのは当然だ。

不倫は違法行為であるために、それなりのリスクが付きまとうからこそ、なるべく理想に叶ういい男を相手にしておきたいと考える。

ただし、人妻は基本的に快楽を求めているがために、不倫セックスの経験値によっては、まったくもってリスクを考えない危ない人妻もいるにはいる。

ただし、この手の快楽主義な慰謝料で破産まっしぐらな末期的症状の人妻は、地雷以外の何物でもないために、おすすめはしない。

しかしながら、地雷系人妻の性的開放感のレベルはマックスであり、セックスのプレイ内容については、なんの障壁もないと言える程というのはある種のメリットだ。

とは言え、安全に不倫セックスを楽しむことが前提なのだから、この手の地雷系の人妻の募集には手を出さない事を推奨する。

ここまで股がゆるくなっているということが地雷の問題ではないが、欲しいのはある程度の危機感をもって不倫を管理できる人妻を落とすテクニックだ。

お互いに不倫セックスがバレないということは、大事なことであり、共通する絶対条件だろう。

人妻を上手く落とすにはこの安心感をお互いに共有できるだけのコミュニケーションが必要になってくるわけだ。

テクニックの基本は、人妻に対して確信できる密約を提供すること。

すなわち、不倫がバレることは無いだろうということと、バレてもフォローアップが可能だろうという安心感を提供すること。

不倫を希望する人妻には、危機感が少ないタイプの女性も居るため、アップダウンのテクニックを用いるのも有効。

つまり、不倫の危険を詳しく説明して不安を煽った後に、その完璧に思える対策を提案して実行することを約束して、一度下げた安心感を最高値まで持っていくテクニック。

人妻もこの点をわかっている事が多く、何が危険で何が安全かを予め分かっているという「不倫パートナー=フリパ」を探すための隠語を含めた募集を掲示板に出していることが多い。

ワンナイトや行き当たりばったりの不倫セックスと言えど、マナーと常識があってこそ安心安全が保たれるというわけだ。

一方で、人妻といえどピンキリなため、そういったマナーや常識を知らずに出会い系に飛び込んできてみた素人の人妻とも言うべき女性が募集を出していることも確かにある。

そういった人妻は、落としやすいと同時に、地雷の気質を持っている可能性がある。

不倫セックスの危険性と、安全対策を説明してあげる段階で、危険性に聞く耳を持たなかったり、安易に考えるフシがあれば、地雷確定だ。

「あー、はいはい、そんな話いいから」「会うの?会わないの?」

不倫セックスのリスクを理解していない、理解しようとしない、という人妻は必ず不倫バレし、多額の慰謝料を突きつけられ、間男に逆ギレしてくる可能性が圧倒的に高い。

人妻経験者が最も避けたい地雷人妻と呼ばれる、破滅に向かう女性のタイプである。

この手の地雷人妻は往々にしてメンヘラ気質で、自分の立場や義務を全く理解しておらず、ただただ快楽に突き進もうとし、その結果簡単にバレて周囲を巻き込みながら自滅していく。

寄せられた体験談の中には、そういったメンヘラ気質の地雷人妻に引っかかり、多額の慰謝料を請求されたというツワモノもいた。

こういった地雷人妻を見分けるためにも、人妻を落とすテクニックは確実にモノにしておこう。

人妻不倫セックスの具体的なリスク

人妻との不倫セックスには大きなリスクが付きまとうことを具体的に書いておく。

適切な危機感を持たずして人妻とのいやらしい関係を楽しむというのは、ヒモなしバンジーで気持ちいいと言っているようなものなのだ。

人妻であるがゆえに、婚姻契約における貞操義務があり、これに従わずに異性との性的関係を持った場合、不貞行為とされる。

慰謝料を請求される可能性がある場合を紹介しよう。

・人妻であることを知った状態でのセックス
人妻であることを知りながらセックスをしたと認められると、当然ながら、人妻、間男の両方に慰謝料を請求できる。

万が一人妻との不倫を問い詰められたとしても、某岡田のようにゲロってしまうと、大きな痛手になってしまう。

・不倫セックスで家庭崩壊
上記の人妻と知っててヤったという不倫セックスで人妻の家庭が崩壊、離婚に至れば、慰謝料は増える。

加えて元々アホな旦那が人妻の不倫願望に気づいておらず家庭円満だと勘違いしていた場合も、慰謝料は増える。

もちろん子供がいれば、慰謝料は増える。

また、結婚してからの期間が長ければ、慰謝料は増える。

極めつけに、不倫を反省しないと、慰謝料は増える。

つまり人妻がアホなほど、熟年マンネリなどというワードで別の男を求め、慰謝料も増額条件フィーバーで破滅するのだ。

・セックスなしでも親密な交際で家庭崩壊
肉体関係がなくとも、相手方の婚姻関係に重大なダメージを与え、家庭崩壊に至らせたとなれば、慰謝料請求の対象になりうる。

以下は逆に慰謝料請求が認められない場合の例。

・出会い系などを利用して相手が既婚者なのか明確にはわからない状態での関係
人妻と言っても、それが事実なのか買う人しようがないほどのまたたく間の出会いからのセックスでは慰謝料の請求はし辛いらしい。
・レイプなどの自由意志が無いセックス
アホな人妻が追いつめられたときに使う手段。

「私はレイプされたので、慰謝料は払いません。私を守って。間男が全部悪いの。」

・別居人妻
すでに家庭崩壊しているがために、不倫というよりも自由恋愛と捉えられる可能性が高いらしい。

現役人妻ではないために安全だが、不倫セックスと呼べない気もする。

人妻の出会い系の掲示板での不倫セックス募集が多いのは、この不倫がバレても慰謝料請求回避の可能性があるからと言うのが大きい。

「間男との関係は今回だけで出来心の不倫セックスだった」

どの人妻も、口を揃えてこの言い訳を問い詰められた場で出してくる。

もしくは夫婦関係の破綻や、間男に責任をすべてなすりつける言動など。

とにかく、出会い系はバレた場合でも逃げ場が存在するとして、人妻の間ではポピュラーな不倫セックス社交場になっているわけだ。

不倫人妻掲示板が今まさに最盛期と言えるのは、ここに大きな理由がある。

他にも、人妻と間男の間で慰謝料のやり取りをする、夫婦関係の「修復もどき」などのあくどいテクニックもあり、人妻不倫セックスにはリスクが伴うことを重々承知しておいて欲しい。

孕み孕ませ人妻のリスク

孕み孕ませ人妻のリスク

「人妻だから、中出ししても対処法知ってて安心。」

そんな言葉で不倫人妻掲示板を勧めるサイトがゴロゴロあるが、相手が人妻といえど、中出しプレイについてはリスクが最大になってくると言っていい。

確かに、若すぎる女性よりも、妊娠に対する対策法を知っているという点では、人妻に勝るものはない。

しかしながら、一方で、孕むということは、女性にとっての継続的収入になる可能性が高い話でもある。

某海老蔵が多数の女性と浮名を流し、隠し子やらなんやらのスキャンダルが絶えないのは、ここに理由がある。

某海老蔵ともなれば、歌舞伎役者という、大量の金が入ってくる職。

そんな男との既成事実を作れれば、それこそ養育費だけで一生生活できるであろう金が入ってくると期待するのが人間の性。

法的に保護された権利である妊娠・出産・養育権は、女性側に有利であるがために発生する女性の生存戦略でもある。

人妻としては、不倫セックスと言えども、中出しに対して有利に動かせる選択肢がいくつかあるというわけだ。

不倫人妻掲示板においても根深く関係している。

間男側のメリットとリスクとしては、単純に中出しという貴重な経験ができることと、中出しを逆手に取った人妻の反撃というもの。

体を張った人妻の生存戦略が、ワンナイト間男であろうとも、中出しには気をつけるべきポイントになるということだ。

人妻の経験に任せて中出しの処理や事後対応を怠ると、一般人と言えどもリスクのほうが大きくなってしまうということだ。

もし安定した職に付き、人を養える程度の収入があるとなれば、より狙われるリスクが高いと言うことは肝に銘じておきたい。

人妻人気のせいでサクラも増殖

人妻の募集が増え、それに伴って男性会員が増えた悪質な不倫人妻掲示板では、男性会員のやり取りを増やして利益を出すために、サクラ人妻も多数現れている。

いわゆる人妻になりすました業者の仕込みだ。

ネットに溢れる人妻モノAVの画像をプロフィールにしたり、やたら安心安全、あってすぐにヤレる的な煽り文句を使ったりし、男性会員の妄想だけを膨らませていくやり方だ。

特に悪質な、正規の認証を受けていないモグリの不倫人妻掲示板になると、このサクラ人妻だらけになってくるので、要注意だ。

このサクラ人妻が最も狙ってくるのが、オジサン会員と呼ばれる、人妻といやらしいやり取りがしたいだけの、小遣いや収入を持て余し気味の寂しい男性会員だ。

このタイプの会員は、「不貞行為=エロ」、と人妻モノAVに洗脳されている傾向が強いため、不倫人妻掲示板での卑猥なやり取りくらいはセーフラインと捉えている。

そのため、積極的に絡んでは来るものの、不倫のリスクを恐れて結局は会うことなどもなく、サクラにとっては美味しいサイト利用者になるというわけだ。

だが、人妻を本気で狙う会員にとっては邪魔この上ない存在がサクラ人妻なのだ。

人妻喰いのプロのリスク管理

不倫を生きがいにしているプロとも言える人妻ハンターの一例を紹介しておく。

人妻を落とすテクニックをこれでもかと知っているこのプロ(通称W氏)は、出会い系サイトで人妻の魅力に取りつかれ、不倫人妻掲示板を経て、リアルで人妻を物色するようになった、いわゆる人妻喰いと呼ばれる人種だ。

彼曰く、不倫希望の人妻を得るには不倫人妻掲示板が最もコスパ、効率、安全性の面で優れているが、人妻のスタイルや顔面偏差値などは、完全にガチャだという。

「ガチャ=ガチャポン・ガチャガチャ」のことで、つまりくじ引き要素のことだ。

圧倒的な利便性を発揮する不倫人妻掲示板ではあるが、唯一の弱点が、会ってからじゃないと、どんな姿なのか確定できないところだという。

そんな彼が、人妻ハンターという生きがいを更に昇華させるべく、不倫人妻掲示板以外で人妻を物色する手段としたのが、習い事教室だ。

人妻がよく集まってくる習い事教室では、特に不倫願望を潜在させている淫乱な性格の根っ子を持つ奥さんが多いとか。

そういった人妻を物色し、”その不倫願望を理性の牢獄から解き放つ”という、ちょっと何を言っているのか分からないテクニックを用いて落とし切るという。

リアルで会っているがために、外見も分かり、不倫い都合のいい時間帯や、夫との関係なども把握しやすい。

この点が人妻ハンターとしては非常に有難いという。

人妻を落とし、背徳感に燃える不倫セックスを楽しんだあとは、証拠を一切残さず消えるように去るという。

彼は年に1回は引越し、街を変えるのは最低限度、時には島に潜伏することもあるという。

加えて、習い事に出向くときは変装と偽名を使い分けるという。

そして徹底することは、普段の生活では小汚い格好で生きるということ。

ここまですることで、不倫によるリスクを最低限度に抑えているという。

この徹底ぶりは、以前不倫人妻掲示板でかなり痛い目を見たことが理由だという。

彼もまた、不倫人妻掲示板で不倫セックスに酔いしれ、気づけば旦那に身体的にも精神的にもボコられた経験の持ち主なのだ。

当サイトが”ワンナイト間男”を強くおすすめするのは、最も簡単で、安全性の高い失敗しないためのテクニックだからだ。

人妻に人気の間男ステータス

人妻に人気の間男ステータス

痛々しい下着で若い男を誘惑

巷ではよく女性の選択肢は「ただしイケメンに限る」というワードが流行っている。

若い女性も男性も、テレビや雑誌に登場するアイドルなどに翻弄され、パートナーとしたい相手の理想が高くなっている。

そのため、こういったワードが蔓延し、切望する男性が増えていいるのも事実。

しかし一方で、男性側にも時代によらず変わらないワードがある。

「ただし若い娘に限る」

大して流行るわけでもないが、何故かこれは男性の年齢にかかわらず、どんな世代にも通用する感覚となっているのは分かるだろう。

女性にとっても常にこの言葉がつきまとい、21世紀になった今では女性の年齢は30歳を境に”劣化する”、あるいは”劣化した”となってしまっている。

それを如実に表すのが、30代で結婚を焦る女性があからさまに多いことだ。

30代というのは出産に関してもリスクの上昇があるがために余計に婚期を逃すまいと必死になるのだ。

いやむしろ最も気にしているのは、30を越した女性は選ばれないという暗黙の了解といったほうがいいだろう。

これは、たとえ上手く結婚できたとしても、その後も続く呪いのようになっている。

そのために、人妻となり、旦那に女として見られる瞬間が徐々に減ったり、なくなってきてしまったという状況が彼女たちを卑屈に、卑猥にしていく。

人妻が望む不倫パートナーの条件とは、自分が女であることを自覚させてくれる癒やしの存在というパターンが多い。

実際の募集においても人妻は、若い男性や、女慣れした紳士を好む傾向にある。

人妻が「自分の女である部分を肯定されたい」という願望が不倫人妻掲示板での募集では極端に目立つのである。

ただし、それらは建前で、募集の根本にはやはり単純に肉体の快楽を求めるいやらしい不倫人妻の姿が必ずと言っていいほど存在するのだ。

フリパを楽しむにはそれなりの覚悟が必要

フリパ募集に乗っかり、不倫セックスを楽しむには、いくつものリスク管理が必要であることを理解できたと思う。

そんな様々なハードルがある中でもワンナイト間男マスターは日々誕生している。

それだけ、人妻とのセックスには、通常の恋愛関係や、風俗などでは全く味わえない程の魅力があるということなのだ。

重要なことなので再び言わせてもらうが、今をおいて他に不倫セックスを存分に楽しめる時代はないと言える。

不倫セックスを楽しむために、まずは人妻の募集を覗いてみてはどうだろうか?

Posted by admin